血圧を下げる効果的な方法

血圧とは?

 

会社の健康診断の時などに血圧測定をする人も多いでしょう。

 

血圧とは、心臓から体中に流れ込んでくる血液が、心臓の血管壁に当たる圧力の大きさのことをいいます。

 

血管には、生命の維持に重要で新鮮な血液が流れる動脈、使い終わった血液が流れる静脈、指先や足先、その他、脳内などの微細な箇所に流れる毛細血管などに分けられます。

 

血圧は、その中でも主に動脈の血管壁に血液があたる圧力の大きさのことで、血圧測定では高血圧かどうかがわかります。

 

例えば、動脈の血管が細くなって、血管内に血液が流れにくくなるような血栓という塊ができて、流れる血液そのものがドロドロした血液になるのです。

 

そのため、流れにくくなると、当然のことながら血液が通常のように流れないため、きちんと細部に渡って血液を流そうとする圧力が大きくなります。

 

これが基準値より大きくなると、高血圧となります。

 

高血圧にならないためには、血液がスムーズに流れるように血管が柔軟さを持っていること、血管内に血栓のような障害物がなにもないこと、血液そのものがきれいでサラサラと流れることが重要です。

 

心臓が収縮、弛緩を繰り返すことでまるでポンプのように血液が体内をめぐり、心臓が収縮した時の血圧が最大血圧、弛緩した時の血圧を最小血圧と言い、最大血圧、最小血圧のどちらかが基準値外の値になると高血圧になります。