血圧を下げる効果的な方法

血圧低下とウーロン(烏龍)茶の関係

 

烏龍茶には高血圧に効果のある2つの成分が含まれています。

 

お茶の葉を原料として作られるものには、緑茶、紅茶、烏龍茶などがありますが、緑茶は葉を摘んですぐに加熱したもの、紅茶は完全発酵させた後、乾燥させたものをいいます。

 

烏龍茶は茶葉の発酵途中で、加熱することで半発酵の状態にしたものですが、半発酵の過程で茶葉に含まれる、カテキンという成分が大幅に増加します。

 

カテキンはポリフェノールの一種で、茶葉の他ワインやリンゴ、ブルーベリーなどに沢山含まれています。

 

カテキンには殺菌作用や血中コレステロールを下げて、高血圧を防ぐ作用が確認されています。

 

 

また、脂質と結合しやすいことから、腸内の中性脂肪を便として排泄する効果もあり、高血圧の予防につながります。

 

特に烏龍茶特有のカテキン成分である、ウーロン茶重合ポリフェノールは、脂肪吸収の抑制、脂肪分解の促進作用が強いとされています。

 

烏龍茶に含まれる成分テアニンも、高血圧予防に効果があります。

 

テアニンには血圧降下作用の他、リラックス効果、抗ストレス効果、疲労回復など、様々な効果があるのです。

 

ウーロン茶重合ポリフェノールとテアニンによる、烏龍茶のこのような高血圧予防効果は、世間の注目を浴びて健康ブームということもあり、健康食品として飲用する人が増えています。

 

烏龍茶の中には、特定保健用食品として許可されている商品も販売されています。