血圧を下げる効果的な方法

血圧低下とたまねぎ皮茶の関係

 

たまねぎは昔から私たちの食生活に欠かせない食品の一つです。

 

最近ではたまねぎが血をサラサラにし、高血圧の予防になるとの報告もあって、たまねぎの皮を使ったお茶が注目を集めています。

 

 

たまねぎの皮に含まれるケルセチンという成分に様々な効用があります。

 

ケルセチンとは、ポリフェノールの一種で、非常に強力な抗酸化作用があり、血圧を下げる効用があることがわかっています。

 

このケルセチンが、たまねぎの皮にたくさん含まれています。

 

この成分が含まれているたまねぎ皮茶には、高血圧を防ぐ効果があり、心臓病や脳卒中の予防にも有効です。

 

腸内のコレステロールや脂肪と結合しやすく、これらの排泄を促進します。

 

ケルセチンには体内で発生した活性酸素を取り除く作用もあります。

 

そのため、血管を丈夫にして血をサラサラにする効果があります。

 

また、動脈にコレステロールが付着するのを抑制する作用もあるため、血栓などを出来にくくし、動脈硬化の予防にも効果があるとされています。

 

ケルセチンには抗炎症作用もあるので、アレルギー症状の改善や花粉症予防、関節痛の緩和などにも有効だと言われています。

 

ケルセチンをもとにたまねぎ皮茶を作っていますが、たまねぎ特有の臭みもなく、飲みやすくなっています。

 

たまねぎ皮茶は、高血圧を始めとする生活習慣病の予防により強い効果を示します。

 

たまねぎを特定の条件で発酵、熟成させるとケルセチンが体内に吸収されやすくなり、生のたまねぎと比較して数十倍にまで増加します。

 

たまねぎ皮茶はたまねぎ嫌いの人でも飲みやすく、高血圧の方には効果があるため話題になっています。