血圧を下げる効果的な方法

血圧低下とアガリクス茶の関係

 

高血圧を予防するためには先ず生活習慣を改善することが必要です。

 

塩分や脂肪分を控え、お酒を飲みすぎない、適度な運動をすることなどが大切ですが、最近ではアガリクスにも高血圧を予防する効果があることが分かってきました。

 

アガリクス茸はブラジルが原産地で、学名は「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」です。

 

日本でも人工栽培に成功し、大量生産されるようになりました。

 

日本ではカワリハラタケや姫マツタケとも呼ばれています。

 

見た目はマッシュルームに似たキノコの仲間です。

 

アガリクスの効能は広範囲にわたっており、特にガン予防、抗ガン作用があるとして、一時期アガリスクブームが巻き起こりました。

 

悪性腫瘍の他にも、肝炎、白血病、高血圧からアトピー性皮膚炎やアレルギーなど、多種多様な疾病で臨床的効果が認められています。

 

アガリクスには血中コレステロールを減少させる不飽和脂肪酸が含有されています。

 

さらに、この飽和脂肪酸の中にはパルミトオレイン酸が含まれていて、血管を活性化する作用があり、高血圧の予防に役立ちます。

 

アガリクスは、お茶として服用するのが一般的です。

 

 

生のアガリクスは保存が利かないので注意が必要です。

 

高血圧を始め、色々な病気に効果があるとされるアガリクスですが、副作用の事例も報告されているため、おかしいと思ったら直ちに服用を中止し、医師などに相談することが大切です。