血圧を下げる効果的な方法

血圧低下とギャバロン茶の関係

 

日本人の200人に1人は、高血圧症であると伝えられています。

 

しかし、高血圧はあまり自覚症状がないため、放っておく人が多いのが現状です。

 

ポリフェノールの一種であるカテキンは、血中コレステロールを減少させ、腸内の中性脂肪の排泄を促進することから、高血圧の予防に効果があるとされています。

 

γ-アミノ酪酸はアミノ酸の一種で、GABA(ギャバ)の略称で広く知られています。

 

γ-アミノ酪酸は、脊椎動物の中枢神経系に存在する神経伝達物質として機能します。

 

仮に体の外から体内へ取り込んだとしても、神経伝達物質としての状態で作用することはありませんが、血圧を低下させる作用はあるのです。

 

生の茶葉を窒素ガスにしばらく封入することで、作られるのがギャバロン茶です。

 

 

ギャバロン茶にはγ-アミノ酪酸が通常の緑茶の数十倍含まれていて、高血圧を抑制することを目的に開発された健康茶です。

 

もともとは緑茶であるため、体脂肪の低減や抗酸化作用、殺菌作用にも効果があります。

 

高血圧などの予備軍は結構見逃しやすく、見逃してしまうと高血圧が重症化する恐れもあり、動脈硬化症、さらには脳卒中を引き起こす原因ともなりかねません。

 

そのような事態に陥る前になんとかして予防をするためにも、血圧の上昇や心臓の負担を防ぐ効果のある、ギャバロン茶を飲むことをおすすめします。