血圧を下げる効果的な方法

血圧低下と胡麻麦茶の関係

 

胡麻麦茶の効果は飲み続けることが大切ですが、人によって違いはあるかも知れません。

 

胡麻麦茶には胡麻から抽出したゴマペプチドが含まれ、高血圧に効果的です。

 

ゴマペプチドは、胡麻のタンパク質を分解して得られた成分のことをいいます。

 

タンパク質を分解して得られるアミノ酸が、いくつかに結合した化合物です。

 

これらが体に良い影響を与えることがわかってきたので、高血圧の予防が期待されます。

 

高血圧の原因には、誰もが経験した事があると考えられるストレスや運動不足などがあります。

 

これらの要因によって、体内のアンジオテンシン変換酵素が過剰に働くのです。

 

活性化したアンジオテンシン変換酵素がさらに強くなって、アンジオテンシンを更に生成します。

 

更に強くなったアンジオテンシンを血管収縮物質と言い、体内の血管を収縮するのです。

 

そのために高血圧となって腎炎、脳出血、心肥大など多く病気を引きおこします。

 

ゴマペプチドがアンジオテンシンの変換酵素の働きを抑えることが認められたのです。

 

胡麻麦茶の効果が見直され、高血圧に悩む人々から胡麻麦茶の愛飲者が増えています。

 

 

しかし、胡麻麦茶は医薬品ではありませんので、すぐに胡麻麦茶の効果は表れません。

 

正しい生活リズムと食生活と併用することも忘れてはなりません。

 

胡麻麦茶をブレンド茶感覚で継続的に飲用すれば徐々に血圧は正常に持続されるでしょう。