血圧を下げる効果的な方法

血圧低下と燕龍茶の関係

 

燕龍茶(ヤンロンチャ)は、黄河流域のアルカリ性土壌に自生する羅布麻(紅麻)の葉でできたお茶です。

 

羅布麻は砂州、谷、産地の砂質土壌及び林の湿地に生じ、中国の西北、東北など各地に分布します。

 

燕龍茶の効果としては、高血圧の予防・解消が挙げられます。

 

燕龍茶には血中の総コレステロールの濃度を下げる働きがあり、特に悪玉を低下させ、善玉を上げることが科学的に証明されています。

 

これは動脈硬化予防につながり、結果的に高血圧の改善に効果があるのです。

 

高血圧の方の割合は加齢とともに上昇し、40歳以上では半数近くの方が高血圧に該当するのです。

 

高血圧の状態が続くと血管や心臓にダメージを与え、動脈硬化を引き起こし、さらには心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわる病気の要因になります。

 

燕龍茶の原料は、黄河流域に広く自生する羅布麻というキョウチクトウ科の植物の葉っぱです。

 

 

羅布麻のお茶は、中国では古くから体に良いお茶として飲用されており、その羅布麻茶を日本で焙煎して、日本人の嗜好に合うようブレンドしたお茶が燕龍茶です。

 

燕龍茶は特殊製法により、このお茶に含まれる「燕龍茶フラボノイド」を最大限に高め、高血圧の解消に有効なお茶として開発されました。

 

遠赤焙煎で、独特の渋みをなくしているために飲みやすく、口あたりがまろやかです。

 

ノンカフェインで体に優しく、毎日無理なく続けられる健康飲料です。