血圧を下げる効果的な方法

血圧低下と黒豆茶の関係

 

高血圧とは、最低血圧が90以上、最高血圧が140以上ある人のことを言います。

 

現在の日本には、約3000万人の方がかかっています。

 

高血圧になると血圧を下げるために食事制限や運動をし、本やネットで高血圧について調べる努力をするようになります。

 

やがて、高血圧にはお茶が良いと知るようになるでしょう。

 

一般的にお茶と言えば緑茶がありますが、実はこの緑茶のカテキンが高血圧予防として効果があります。

 

しかし、もっとも身近ですぐ手に入るお茶はたくさんあります。

 

例えば、自宅にいて自分で簡単に作って飲むことができる黒豆茶があります。

 

 

黒豆は、アントシアニン・大豆サポニン・ビタミンB1・B2・食物繊維など、沢山の成分があり、ダイエットはもちろんのこと、高血圧の予防、血糖値を下げること、利尿効果などがあります。

 

また、女性に必要な大豆イソフラボンの成分があるのも嬉しいものです。

 

市販の黒豆茶のティーパックを購入し飲むのが手頃ですが、黒豆をフライパンで炒ってお湯を入れれば自分で作ることができ、新鮮な黒豆茶が飲めるでしょう。

 

また、その他にも高血圧だけではなく心臓病の予防も効果があり、更年期にも同様の効果があります。

 

特にお茶だけを飲み干すのではなく、自分で作った場合には黒豆茶から出る、出しがらも一緒に飲み干すと更に効果が期待できます。

 

黒豆には、血液を綺麗にする黒い色素が入っていて、オリゴ糖も入っていますので、便秘に悩んでいる方は飲んでみてはいかがでしょうか。