血圧を下げる効果的な方法

血圧低下と降圧丸の関係

 

高血圧に効果がある漢方薬の中に降圧丸というものがあります。

 

降圧丸は、動物性生薬の羚羊角(カモシカの角)の他、当帰・川きゅうなど血流を良くして体を温める効果のある生薬など、11種類の生薬を配合して作られた漢方薬です。

 

 

漢方薬はクセがあって飲みづらいという印象が強いですが、降圧丸はクセがなく飲みやすいです。

 

また服用は1日に2回、1回10丸ずつです。

 

漢方薬は東洋医学から発祥しているもので、体全体のバランスを整えることで不調を改善していきます。

 

降圧丸も体全体のバランスを改善することで、高血圧に伴う諸症状を改善していきます。

 

高血圧は血液がきちんと流れないため、それを流そうと強い圧力が血管にかかった状態です。

 

強い圧力の積み重ねでダメージを受けると、血小板が集まりやすく血栓ができやすくなり、血管が硬くなって狭くなっていきます。

 

その結果、気がついた時には動脈硬化や脳梗塞といった命にかかわる病気になってしまいます。

 

西洋医学でこれを治療しようとすると、症状の出た部分に対して行う対症療法を行うことになります。

 

しかし、対症療法では、高血圧そのものの改善はできませんので、そのままにしていたのでは、また同じ病気にかかってしまうという可能性もあります。

 

降圧丸のような漢方薬も上手に使うことで、緊急の症状の出ないうちに高血圧を改善していくのが良いでしょう。