血圧を下げる効果的な方法

血圧を下げる体操

 

高血圧予防には、塩分を控えて油を抑えた食事と適度な運動をすることが大事です。

 

過去に様々な研究の結果でも、運動をしている人とでは大きな差が出ています。

 

運動をするということは、筋肉を動かすということですので、血圧を下げる簡単な運動方法はあります。

 

血圧を下げる簡単な体操には、足のふくらはぎの部分を刺激する体操があります。

 

高血圧にかかる人は、食生活の問題や運動不足も原因ですが、ふくらはぎが硬くなって血の流れが鈍くなっている可能性があります。

 

また、姿勢が悪いとその周辺の血液の流れも悪くなっていますので、高血圧の方で猫背の人などは姿勢を正す体操をします。

 

リラックスして、ゆっくりと息を吸うことと、吐くことを繰り返す体操ですが、腹式呼吸です。

 

高血圧には、ウォーキングや水泳など身体全体を使う、軽めの体操もいいとされています。

 

またダンベル体操もいいと推奨されています。

 

ダンベル体操をしただけで、大きな効果が出ることも立証されています。

 

両手にダンベルを持ち、片腕ずつ引き上げたり、押したりします。

 

前かがみになり背筋と首筋を伸ばして、腕の筋肉を鍛えます。

 

また立ち肩の位置まで持ち上げて、片腕ずつ上に押し上げて二の腕のたるみをとります。

 

さらに通常の運動にダンベルなどを使って、負荷を加えて行う方法もあります。

 

ダンベルを持って歩くことで、筋肉への負荷が強まり運動強度も上がります。

 

高血圧は血のめぐりが悪いのも原因ですので、簡単にできる体操で改善していきましょう。