血圧を下げる効果的な方法

アルコールの量を減らす

 

高血圧の原因は不明でありますが、生活環境や食生活が原因であると考えられます。

 

その中でも特に飲酒によっておこる様々な健康障害は深刻な問題となっています。

 

酒は「百薬の長」とも言い、適量であれば血圧を下げ、リラックス効果があります。

 

しかし、人によって適量も異なり、飲みすぎると血管を収縮し、高血圧の原因となります。

 

アルコールは体内で消化されずに吸収され、吸収の速度が早いと血液濃度も上がり、高血圧を引き起こします。

 

他の食品であれば胃にたまって消化されるので、飲酒時には食事をともにし、つまみを添えることによって急激な吸収を送らせ、高血圧を抑えるのにも効果的です。

 

しかし、塩分の多いものやカロリーの高い食品は、逆に血圧を上げるので気をつけましょう。

 

また、肉料理や脂肪の多い食べ物は肥満にもなりやすく、高血圧やコレステロールの原因ともなりますので、野菜や魚などを多く摂りましょう。

 

コレステロールが高くなると、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの恐ろしい病気になります。

 

アルコールは体内で酸化されて酢酸となったアセトアルデヒドが体外に排出されますが、飲みすぎるとその働きをする肝臓が弱まり、脂肪酸を合成して高脂血症になります。

 

健康を維持し、楽しくお酒を飲み続けることができるようにするためには適量を守り、週に1回は肝臓を休ませるために定期的に禁酒を設けることも必要です。