血圧を下げる効果的な方法

禁煙をする

 

従来、高血圧は喫煙が原因であるとした確固たる判断は示されていませんでした。

 

最近になって喫煙することによって、血液に及ぼす影響が高いことが報告されています。

 

タバコの煙から検出される高い濃度のアセトアルデヒドは、肺ガンの原因ともなります。

 

喫煙者本人は「個人の嗜好」と片付けても、周囲の人に与える影響は多大なものです。

 

たばこを吸わない人でも吸う人からの煙で、何倍ものニコチンや一酸化炭素を吸いこみ、受動喫煙によって害を受ける危険性が極めて大きいということが発表されています。

 

ニコチンは自律神経を興奮・麻痺させるだけでなく血管を収縮させるので高血圧になりやすく、胃や腸にも障害がおこりやすくなります。

 

ニコチンによって誘導される血行障害は肌にも悪影響を与え、老化を早めます。

 

一酸化炭素は酸素を不足させ、中枢神経を侵すので頭痛やめまい、息切れ等を起こし、集中力もなくなり、仕事にも能率が上がらなくなります。

 

また、タバコを吸うことによって動脈硬化の原因を進展させやすくなりがちですが、高血圧の人の吸引は特にその可能性は高く、心筋梗塞や脳卒中を患うこととなります。

 

吸引により、悪玉コレステロールが善玉コレステロールを減らして、動脈硬化が進むのです。

 

悪玉コレステロールが血管にたまると高血圧を呼び起こすことになります。

 

禁煙は高血圧の人のみならず、健康を考える全ての人が真剣に考えなければなりません。

 

電子タバコも販売されていますので、禁煙に挑戦してみてはどうでしょうか?