血圧を下げる効果的な方法

血圧測定時の姿勢

 

日頃から血圧の測定をする癖をつけている方、またはどのくらいの数値が正常で、高血圧の症状の数値をか知っている方は、少ないのではないでしょうか。

 

現在、高血圧にかかる人は、年齢問わず増えているのが現状です。

 

そうならないためにも血圧測定は、大事なのです。

 

高血圧を見つける為には、自分の血圧を測定してみることです。

 

病院で測るのはもちろんですが、自宅で測れる機器もあり手軽に行えます。

 

今では、薬局でも血圧を測定できる機器をみかけることがあります。

 

最近では、自宅に居ながら自分で簡単に血圧を測って自己管理ができますので、高血圧も防ぐことが可能です。

 

しかし、ただ気分次第に測りたい時に測るというのでは、自己管理の意味がありません。

 

自分で血圧測定をする際に気をつけることは、毎日同じ時間に測ることです。

 

もっとも理想なのが、起床後すぐと就寝時に行うというのが良いのです。

 

また、測定する姿勢も大事だとされています。

 

一番正しい血圧測定時の姿勢は、腕を心臓の高さに合わせるのが正しい方法で、ゆっくり深呼吸をしながら体を動かさないことです。

 

測定中に体を動かしては、血圧の数字に異常が出てしまい、正常な血圧でも高血圧となる恐れもあるのです。

 

測定前は、コーヒーやお酒を飲まず、精神的にイライラな状態にならずリラックスすることです。

 

正しい血圧の知識を知り、知らず知らずに重い病気にならない様に、血圧の測定を定期的に行うことを意識し、行っていきたいものです。