血圧を下げる効果的な方法

血圧測定の注意事項

 

血圧を測る時には、いくつかの注意をしなければならないことがあります。

 

できる限り正確に測らなければ、高血圧かどうかの判断も難しくなります。

 

まず、安静にして計測することが大事です。

 

椅子に座って計測する場合には背もたれのあるものにして5分ほど座って、深呼吸を数回行って気持ちと体を落ち着かせましょう。

 

血圧計の器具を操作中は、自然な呼吸をして、話をしないようにしましょう。

 

話すことで高血圧値に数字が傾いてしまいます。

 

飲食をしたすぐ後は測定には向きませんから、測定後にしましょう。

 

特にカフェインが含まれている、コーヒーなどの飲み物は良くありません。

 

入浴などで体温が一時的に高くなっている時も避けましょう。

 

そして、運動した直後の計測は正確な数値がでません。

 

高血圧などがある場合は、運動前に血圧を測るのは良いことです。

 

事前に計測することで、危険を予測することもあるでしょう。

 

そして、高血圧である場合には特に注意をしなくてはならないのが、毎日同じ時間と同じ条件で計測をすることです。

 

理由として血圧は、1日の間では変動が大きいので、日によって違う条件で計測していたら、正確な自分の標準値が出てこないためです。

 

せっかく高血圧を予防したいと思って計測をするのであれば、計測する時の注意点を自分できちんと把握しておくことが大事です。