血圧を下げる効果的な方法

血圧測定器の正しい選び方

 

現代人には高血圧の人が増えています。

 

高血圧と判定された方でなくても予防をするために、家庭用の血圧測定器を購入しようと考えているご家庭も多いでしょう。

 

測定器には、今ではさまざまな種類があります。

 

昔ながらの水銀血圧計もあれば、デジタル式のものもあります。

 

水銀血圧計は多少の手間がかかってしまいますが、正しい使い方をすることで、より正確な計測ができます。

 

高血圧とはっきりしている方には、こちらが良いでしょう。

 

また、デジタル式の自動のものは手軽に扱えるので忙しい人には便利です。

 

ただし、数値にばらつきが出やすく、水銀血圧計よりも正確性には欠けてしまうのは知っておいたほうが良いです。

 

また、測った数値の文字が大きく表示されるものや、測り終わると音で知らせ、計測した数値の記録をするなどの機能もあります。

 

一般的な上腕で測る物の他に手指で測るものや手首で測るものなど、持ち運びも考えたものもあります。

 

ですが、指先や手首など先端に近くなると血圧が変動しやすいので、やはり正確性に欠けてしまいます。

 

そういったところから、上腕で計測するタイプが良いといえるでしょう。

 

高血圧があるために、旅行先や出張先でも毎日計測をしたい方の、2台目には良いかもしれません。

 

こうした、自分に適した血圧計で高血圧の予防をするのは、今の時代には必要なことなのではないでしょうか。