血圧を下げる効果的な方法

血圧測定と緊張

 

血圧を自宅で測った時には正常値なのに、病院や診療所などで測ってもらった時に血圧が高くなってしまうことはよくあります。

 

もし、毎回測定してもらう度に、高くなってしまう場合は、白衣高血圧かもしれません。

 

白衣高血圧とは白衣を着ている医師や看護士さんなどに、血圧を測ってもらった時だけ、数値が上がってしまうことを言います。

 

白衣を着ている人を見るだけで緊張してしまうとか、大変な病気を告知されているのではないかなどの、恐怖感などからくるようです。

 

高年齢の方や緊張をしやすい人によくあることで、軽い高血圧の方のうち、2〜3割の人にあるようです。

 

血圧は緊張することやストレスを感じることで数値が変わってきます。

 

集団検診や健康診断で、順番を待っている間に緊張して血圧が高くなる人も多いです。

 

なるべくリラックスしようと思っても、逆にドキドキと緊張してしまいます。

 

また、日頃から緊張しやすいことを自覚している人は、緊張することで血圧が高くなるのを知っていますから余計に負担になるでしょう。

 

もし、普段はそんなに血圧は高くないし白衣高血圧が疑われる場合は、医師に相談して携帯型血圧計による24時間の計測をして、チェックすることもできます。

 

普段の数値が普通であってもそのうちに高血圧に変動していくかもしれません。

 

自分の血圧の数値がどのくらいであるか、日頃からきちんと把握しておきたいものです。