血圧を下げる効果的な方法

血圧測定と恐怖症

 

血圧測定の際に、拒否感や恐怖感を感じる人は多くいます。

 

通常は高血圧ではないのに、病院などの医療機関で血圧を測ると、異常な血圧値が出てしまうということも多くあります。

 

病院で高血圧と診断された後、血圧測定の恐怖症となってしまう人もいます。

 

高血圧は、動脈硬化を引き起こし、脳卒中、心不全など様々な病院の原因となります。

 

脳の血管に損傷がおこると、脳梗塞やクモ膜下出血をひきおこします。

 

心臓近くの血管におこると、狭心症、心筋梗塞をひきおこし、非常に危険です。

 

このような病気を引き起こす高血圧であるということは、患者さんにとって、とても不安でストレスになります。

 

そのため、血圧測定の時に緊張がおこり、異常な血圧値を出してしまいます。

 

また、実際は高血圧でなくとも、白衣性高血圧という症状もあります。

 

自宅で測定すると異常はないのですが、病院で医師や看護士に測定してもらうと、異常に高い値になってしまうという状態です。

 

このような恐怖症の人は、自宅で血圧と心拍数を測定し、診察時に医師や看護士に伝えるというのも良い方法です。

 

恐怖症でない人も、普段から自宅で血圧を測る習慣をつけることは、健康に気をつけるきっかけとなります。

 

また、血圧測定時には数回深呼吸をすることにより、交感神経の緊張がとけ、数値が下がるということもあります。

 

なるべく恐怖感なく、測定を受けたいものです。