血圧を下げる効果的な方法

血圧測定と不整脈

 

不整脈は心電図を撮った時によく分かりますが、心臓の動きの乱れや脈が飛んだりするのです。

 

不整脈の主な原因は、加齢によるものです。

 

過労やストレス、不規則な食生活なども原因となります。

 

不整脈の症状は人それぞれです。

 

不整脈はいつどのような状態で起こるか予想不可能なので、検査で発見できないこともよくあります。

 

血圧計の中には、不整脈を感知する機能がついたものがあります。

 

家庭用血圧計にもこの機能が付いているものもありますので、病院の検査で異常が発見されないときは、利用してみるのもおすすめです。

 

不整脈だけではなく、高血圧もわかる可能性があります。

 

毎日同じ時間、同じ場所で測定するのが好ましいです。

 

高血圧も不整脈をおこす、原因のひとつです。

 

高血圧による不整脈では、脈が飛ぶ感じや胸の狭い範囲で一瞬痛みがおこる期外収縮、心房細動などの症状がおこりやすくなります。

 

血圧計で血圧を測定する際、正しく作動しない場合があります。

 

そのような時は、不整脈が原因となっていることが多くあります。

 

不整脈が起きると、測定中の血圧が一定ではなくなるため、血圧計が測定不能になってしまいます。

 

また、不整脈だけではなく、高血圧の症状がある場合にも測定不能になる血圧計もあります。

 

いずれにしても、血圧測定する際に異常があった場合は、高血圧または不整脈を疑って、早めに医師の診察を受けることが大切です。

 

異常があった場合には、早めに治療を開始することが重要となります。