血圧を下げる効果的な方法

血圧測定と部位

 

血圧の測定方法は色々あります。

 

高血圧と診断されている人にとっては、正確な血圧値を知ることは、とても大切な事です。

 

病院で医師の診察による測定は、血流の音を聞く、聴診法という方法を使います。

 

自宅や健康診断時に測定する時に使用する血圧計は、血液の振動を感知することにより、血圧値を測定します。

 

これを間接法といい、自分が高血圧ではないか簡単に判断できます。

 

間接法に対して、直接法というのは動脈に針を挿して血圧を測定する方法です。

 

痛みがあることと、感染の可能性があるため、稀にしか使われない方法です。

 

血圧を測定する部位としては、上腕で測るのが一般的です。

 

上腕部で測定するのは、心臓に近くより正確に測定ができるからです。

 

上腕部でも左右の腕で測定値が違うことがあります。

 

その場合は測定値の常に高い方の上腕部で、測定することをおすすめします。

 

その他、指や手首で測定できる血圧計もあります。

 

手軽に測定できるメリットがありますが、外温やストレスによって影響を受けやすい部位であるため、やや信頼性に欠けます。

 

高血圧の人は、高血圧によってひきおこされる深刻な病気への恐怖や不安を抱えています。

 

バランスのよい食生活、規則正しい生活習慣に気を配り、毎日を過ごしています。

 

そんな高血圧の人にとって、自分の血圧を把握しておくことは重要なことです。

 

毎日、測定する習慣をつけることで、健康状態を知ることができます。