血圧を下げる効果的な方法

血圧測定と座位

 

血圧は常に一定ではありません。

 

その時の状況、例えば運動を行った後、食事の後、入浴中など一日の中でも血圧値は変化します。

 

特に高血圧の人にとって、毎日の血圧値を知っておくことは大切なことです。

 

正しい計測方法を身につけ、健康管理に気を配ると良いです。

 

血圧を計測する場合は、毎日同じ時間、同じ方法と姿勢で行います。

 

高血圧の人は、血圧測定にストレスを感じる場合もありますが、できるだけリラックスした状態で計測するよう、心がけます。

 

通常、測定時は座位で行われることが多いです。

 

座位の時は、測定部位を心臓の高さに合わせて計測します。

 

背筋をのばして座り、リラックスした状態で計測することで、正しい血圧値が測定できます。

 

また立位の場合も同じく、測定部位は心臓の高さで行います。

 

心臓の高さに合わせることが重要となるのですが、測定時の状況によっては、ベッドに横になったまま測定することもあります。

 

または、それ以外の姿勢の場合もあります。

 

その場合の測定値は座位で測定した値とは、異なることもあります。

 

その時々の姿勢を考慮して、高血圧かどうかを判断することが必要です。

 

高血圧を放っておくと、重大な病気を誘発してしまう可能性があります。

 

高血圧だからこそ、毎日の血圧値を知って、健康な毎日を送れるよう、管理することがとても大切なこととなります。