血圧を下げる効果的な方法

高血圧とは?

 

高血圧とは、血圧を測定した時に最小値が基準値を上回る値であったときの状態をいいます。

 

一度計測した時、たまたま基準値を上回る値の時もありますので、高血圧であるかどうかを判断するには日を改めて何度か測定時間帯などを変えて血圧を測り、それでも基準値を上回るかどうかを見なければいけません。

 

例えば、白衣を着ている人を見ると緊張し不安が高まったために、血圧が上がってしまうタイプの人もいます。

 

そのような場合は、もっとリラックスした安静な状態でも、基準値を上回る血圧かどうかを測定する必要があります。

 

高血圧は、心臓から押し出される血液が異常なほどに、動脈の血管壁に圧力をかけた状態で流れていることを意味します。

 

加齢によって動脈が硬くなりしなやかさを失った状態や血液そのものがドロドロしていて流れにくいために、圧力をかけないと流れない状態であることもあります。

 

また、血栓などの障害物が血管内にできてしまうため、血液が流れるのを邪魔され無理やり流そうと血圧が高くなったりするなど、高血圧になるには何らかのいろいろな原因があります。

 

自分で知らない間に高血圧になっていて、血管や心臓に負担がかかっている場合もありますので注意が必要です。

 

日常生活において、もし高血圧になるような要因が考えられる場合は、定期的に血圧を測定して注意を払っておくといいでしょう。