血圧を下げる効果的な方法

水銀血圧計とは?

 

水銀血圧計は、医療機関でしか使用されませんので、家庭で購入していざ使うとなると難しいものがありますが、練習をすれば慣れますし、上達します。

 

電子血圧計ではなく水銀血圧計を選ぶ点としては、家族同士がお互いに測定することになるため、家族同士で血圧の測定をしながら、高血圧などの状態をお互いが発見できる点も良いところです。

 

高血圧は自分では、ほとんど気が付かないものなのです。

 

水銀血圧計には、スタンダードタイプ、ラージタイプ、自動コックタイプ、聴診器カフ固定タイプの4タイプが用意されており、販売価格は6000円〜12000円と手頃な価格で購入することができます。

 

これら4タイプの水銀血圧計のうち、スタンダードタイプ、ラージタイプ、自動コックタイプについては業務用としても使用されているのに対し、医師が強く推奨する聴診器カフ固定タイプは家庭用のみでの取り扱いとなります。

 

高血圧でお悩みの方は、水銀血圧計を用いて毎日の血圧を記録し、よりきめ細やかに血圧コントロールを行うようにしましょう。

 

水銀血圧計は医療機関で使用されているので、家庭用の自動血圧測定器に比べてより正確な値が計測できます。

 

また、血圧測定の習慣をつけることで、自分の普段の血圧の状態も知ることができますので、高血圧かもしれないと思ったらすぐに診察を受けてください。

 

高血圧の原因のひとつでもある生活習慣病の予防には、毎日各家庭にて血圧を測定し、自分自身の1日の血圧のメカニズムについてよく把握しておくことが非常に重要です。