血圧を下げる効果的な方法

電子血圧計とは?

 

近年、高血圧症の患者には家庭で血圧を測定することが、推奨されるようになりました。

 

これは、家庭での血圧測定の方が早朝高血圧や夜間高血圧を測定しやすいことと、高血圧による脳卒中などの合併症の発症予測に有効であることが実証されたためです。

 

家庭用の電子血圧計も近年では精度が向上し、治療のデータとして十分に活用可能なレベルに至りました。

 

電子血圧計と従来の水銀血圧計との大きな違いは測定方式にあります。

 

従来の血圧計が腕に巻いたカフの内側に聴診器を入れ、コロトコフ音という血管音の変化を聞き取って血圧を測定していたのに対し、電子血圧計ではオシロメトリックという方式で血圧を測定します。

 

オシロメトリック方式とは、カフに空気を送り込んで動脈を閉塞した後、排気してカフを減圧する過程で血管壁に生じる脈波動に特殊な計算式をあてはめて血圧を測定するという方法です。

 

オシロメトリック方式の電子血圧計は構造がシンプルで測定方法も簡単なため、家庭での血圧測定に適しています。

 

電子血圧計の種類には、腕を通して測定する据置型や上腕で測定する上腕型、手首に巻いて測定する手首型、指先型などの種類があります。

 

高血圧症の患者で末梢循環障害を起こしている人は、電子血圧計の種類によっては測定値が大幅に変わる場合や測定そのものができないこともあるので注意が必要です。

 

また、降圧薬の服用との兼ね合いもありますので、あらかじめ測定時刻や回数について医師による指導・助言を受けましょう。