血圧を下げる効果的な方法

手首で計る血圧計

 

手首で計る血圧計の多くは、腕時計の要領で本体と一体になったカフを手首に巻いて血圧を測定します。

 

袖を大きくまくり上げる必要もなく、小型で携帯もしやすいので、毎日血圧を測定する必要のある高血圧症の患者には、とても便利なものだといえるでしょう。

 

高血圧症といっても、通常なら1日にそう何度も血圧を測定する必要はありません。

 

しかし、緊張する場面の多い仕事に就いている人などには、職場などでも手軽に測定して血圧を把握でき、緊急を要する場合には服薬のタイミングを計れるなど、手首式血圧計ならではのメリットを得られます。

 

血圧を正しく測定するには、心臓の右心房に近い位置で測定することが大切ですが、手首式血圧計では測定位置が心臓から離れてしまうことが多く、誤差が生じやすいというデメリットがあります。

 

こうした問題点を改善するため、最近の手首式血圧計には、正しい位置で測定できるように点滅やアラームなどで、通知する機能が備わっています。

 

ただ、高血圧から糖尿病などを併発して末梢血管に循環障害が出ている人や腕に重度の血行障害がある人の場合、手首式では正確な測定ができないことがあります。

 

高血圧の治療のため、正確な測定値が必要な場合は上腕式の血圧計で測定しましょう。

 

高血圧症の患者には、手首式血圧計は2台目の測定器として、旅行中や外出時などでの活用が推奨されます。