血圧を下げる効果的な方法

血圧計の正しい選び方

 

高血圧になる可能性は誰にでもあります。

 

健康な人も、定期的に血圧を測ることが勧められています。

 

病院で測定するほか、家庭でも定期的に測るなら、高血圧を発症していないか、こまめにチェックすることができるでしょう。

 

様々なタイプの自動血圧計があります。

 

指で測るコンパクトなもの、手首で測定するタイプ、二の腕で測るタイプなどがあります。

 

指や手首で測定する血圧計は、手軽で持ち運びもしやすいですが、あまりすすめられていないようです。

 

高血圧かどうかをチェックするには、当然正確な数値を知ることが大切です。

 

指で測るタイプは、振動などで正確に測れなかったりすることがあるようです。

 

さらに指の血圧は、病院で測る上腕の血圧とは少し異なるという理由から、あまりすすめられていません。

 

手首で測るタイプの血圧計は、心臓の高さにして測定する必要があります。

 

しかし、そのように測定されていない場合も多く、正確な数値が出ないこともあるのです。

 

現在は、上腕で測るタイプの血圧計が推奨されているようです。

 

病院では一般に上腕で測定するので、上腕で測定する血圧計が信頼できるといいます。

 

現在、高血圧を発症している人は、特に血圧を定期的にチェックすることが重要です。

 

高血圧をコントロールするには、まず血圧計を正しく選び、きちんと測ることが、とても大切なことでしょう。