血圧を下げる効果的な方法

血圧計の測り方

 

年齢を重ねていくと同時に、様々な病気が気になってきます。

 

その中でも高血圧は、特に現在日本人に多い病気の一つでもあります。

 

高血圧には自覚症状がありませんので、自分で管理するには血圧を測ることしか方法がありません。

 

自分で血圧計を使ったことがない人は、血圧計の基礎知識を知ることから始まります。

 

血圧計の測り方を知ることが、高血圧の発見には不可欠です。

 

自分で血圧を測り、高血圧の予防をするために大切なのは、毎日血圧を記録し長期間の傾向を把握することが必要です。

 

人の体は一日のうちに体調が変化し、血圧も変化するので毎日の計測では、朝と夜測ることで体の全体像がわかります。

 

計測する時は、2回計測することが重要です。

 

理由は1回目の計測時は、測る前の活動の影響が受けやすくなり、血圧が高めに出がちになるからです。

 

2回目は1回目の計測時に安静にしているため、血圧が低めに出やすくなります。

 

このように体調を正しく測るためには、継続的に体の平均値を測ることが重要です。

 

高血圧は毎日の体調を継続的に測ることで発見しやすくなりますので、三日坊主にならずに地道な体調管理が必要です。

 

血圧の正しい測り方を知っておくと、体調を管理ができると同時に血圧の異常にも早く気が付きます。

 

毎日の体調の変化は自分でしか分かりませんので、血圧の正しい測り方を覚え、毎日チェックしましょう。