血圧を下げる効果的な方法

血圧計の右腕の測り方

 

高血圧が気になり始めた人は、毎日の体調管理を自分で行うことが大切です。

 

高血圧を自分自身で把握するための確実な方法は、血圧計を使って管理することです。

 

今は様々なタイプの血圧計があり、家庭用の血圧測定器の種類も豊富にあります。

 

価格的にも使用法も家庭でも手軽に高血圧のチェックができるものが多く、右腕でも左腕でも計測ができます。

 

自動で空気を送り込むもの、腕を機械の穴に通して測るもの、指を差し込んで測るものなど、簡単に血圧測定ができる血圧計も増えています。

 

昔ながらの手動で空気を送り込む血圧計や自動でも腕帯を自分で巻くタイプの場合、一人で測る時は、もう片方の手で巻くことになります。

 

大半の人の利き腕である右腕に腕帯を巻く場合、慣れない左手で巻くことになりますが、この時右腕を台などに固定し、上腕にしっかり巻くようにします。

 

人の血圧は健康な人の場合、左右どちらの腕で測っても差は出ないので、測りやすい腕で計測しても問題はありません。

 

しかし、左で測った場合は心臓に近いので、腕を圧迫したと同時に高くなる傾向がありますが、計測時間と体を安静にしていれば特に大きな変化はありません。

 

右利きの人が右腕で測る必要がある場合は、正しく腕帯を巻くことに気をつけていれば、血圧を測るのに支障はありません。

 

高血圧は毎日の持続的な計測と記録が重要ですので、不十分な装着で正しく測れないようなことがないように気をつける必要があります。

 

正しい血圧測定で高血圧の管理に心がけてください。

 

高血圧の予防は自分でしかできないのです。