血圧を下げる効果的な方法

血圧を下げる果物

 

高血圧に良いとされる果物の中で、特に血圧を下げる働きがあるカリウムを多く含んでいるのは干しぶどうです。

 

干しぶどうには100g当たり、約740mgものカリウムが含まれています。

 

干しぶどうはパンに混ぜ込んでいて、ホームメイドケーキなどの材料として使われることも多く、手軽に摂取しやすいものといえます。

 

また干し柿もカリウムを豊富に含んだ果物です。

 

他にも、バナナやメロン、キウイフルーツなど、数々の果物にカリウムは多く含まれています。

 

特にバナナは安くていつでも手に入れやすく、手軽に食べられるので、高血圧患者に勧めている病院もあるようです。

 

ただし、果物には果糖なども多いので、肥満体質の人や血糖値の高い人などは注意が必要です。

 

しかし、果物を食べたからといって糖尿病になりやすいというわけではなく、また太りやすくなるということでもありません。

 

これらの他に、りんごにはカリウムに加え、カリウムと同様の働きを持つペクチンという成分が含まれているので、高血圧に効果的です。

 

ペクチンには整腸作用などもあり、体調が優れない時にも食べることができます。

 

さらにりんごには水溶性の食物繊維も含まれています。

 

これは、高血圧の原因の一つとなる塩分の排出を促す役目を果たします。

 

水溶性食物繊維は、りんごの他にも桃やみかんにも含まれています。

 

果物はカリウムや食物繊維だけでなく、ビタミンやミネラルも豊富に含んでいるので、高血圧に対してだけでなく日ごろの健康のためにも積極的に摂取していきましょう。