血圧を下げる効果的な方法

血圧を下げる豆・穀類

 

高血圧の人は、血圧が下がる作用のあるカリウムが豊富に含まれている、野菜や果物を毎日摂り入れることが望ましいとされています。

 

その中でも、タンパク質など豊富な栄養素を含み、血圧を下げる豆や穀類にはどのようなものがあるでしょうか。

 

血圧を下げる豆や穀類のひとつとして、小麦粉やきな粉、玄米があります。

 

豆・穀類を様々な料理に使うことで、高血圧を防げます。

 

豆腐や納豆など、朝食で多く摂る食品も血圧を下げる豆と穀類の代表例です。

 

いんげん豆やえんどう豆などを茹でて、おかずに混ぜることで摂取することができます。

 

また、スパゲティーも血圧を下げる穀類です。

 

使い方やソースなどによって、味に飽きることなく食事ができます。

 

血圧を下げる豆と穀類を使って、様々な料理を作りましょう。

 

そうすると、高血圧予防にもつながり、料理も覚えることができますので、毎日がさらに楽しくなるはずです。

 

しかし、逆に食塩を摂り過ぎると、血圧を上げてしまい高血圧になってしまいます。

 

高血圧になるだけでなく、癌にもなりやすい体質になってしまうので、減塩を心がけることが大切です。

 

食塩の含まれている食べ物は多くあります。

 

特にインスタント食品には、食塩が多く含まれています。

 

高血圧になりやすい要因を自ら作らないためにも一度食生活の見直しをしましょう。

 

豆類や穀類は調理法も多くあります。

 

レシピ本やインターネットのブログなどの情報も役立つので活用しましょう。