血圧を下げる効果的な方法

血圧を下げるキノコ類

 

キノコは昔、自然の恩恵を受けるだけの栽培だったので、貴重なもので高価でした。

 

そのため「幻の茸」と呼ばれていたのですが、1975年代には人工栽培が可能となりました。

 

椎茸やえのきなどは一年中生産ができ、いつでも家庭の食卓に並ぶようになりました。

 

これらの食品はエイズや癌の他に、高血圧や糖尿病などにも効果が認められています。

 

キノコの王様と呼ばれている舞茸は、味も香りも良く、食物繊維を多く含んだ理想的な食材です。

 

ビタミンD2も豊富ですので、体内のコレステロールを除去して、血行を良くしてくれます。

 

そのため高血圧やその他の成人病の予防にも適しているだけでなく、カルシウムも吸収してくれるのです。

 

カルシウム不足は血液の乱れや骨粗しょう症、高血圧の原因となります。

 

椎茸に含まれているエリタデニンという成分は、コレステロールを下げ、血行を良くする働きがありますので、これも高血圧の予防に効果的です。

 

また、キノコ類には酸化を防ぐ作用が含まれているので、肥満や心臓病などの予防にも効果があります。

 

キノコ類には、水分やたんぱく質、ビタミン類などを多く含み、低カロリーなうえに他の食物と一緒に食べるとダイエットにも有効です。

 

しかし、食べたからすぐに良くなるということではなく、塩分の多い食事や深酒、運動不足、ストレスは高血圧の原因となることも忘れてはなりません。