血圧を下げる効果的な方法

血圧低下とココアの関係

 

ココアは以前から体に良い飲み物ということは知られていますが、最近では高血圧を予防する飲み物であることも分かってきました。

 

ココアには、ポリフェノール、食物繊維、カフェイン、テオブロミンなどが含まれています。

 

その中でもポリフェノールには強い抗酸化力があります。

 

それによって悪玉コレステロールの増加や高血圧、動脈硬化を予防するのです。

 

それに加えて、血管の機能やインスリンの感受性もよくするため、心臓病や糖尿病の人にも効果的だとされています。

 

また、癌予防、アレルギーやストレスを抑える作用もあります。

 

ココアは、万病のドリンクなのです。

 

どのように飲めば高血圧などの予防に効果的なのでしょうか。

 

ココアには加工されたものが多く種類も様々ですが、高血圧などの病気を予防するためには、純ココアを飲むようにしてください。

 

純ココアを一日にコップ4杯から5杯ほど飲むのがお勧めですし、できれば砂糖は入れない方が良いでしょう。

 

飲みにくい場合は、少量のミルクやはちみつを足すのも良いかもしれません。

 

これは4グラム程度のココアの量に値することで、人の一日の摂取量に最適なのです。

 

ココアを飲むことは、リラックスやストレス解消にも繋がります。

 

高血圧などの病気の予防だけでなく、心身ともに元気になれるパワードリンクでもあるのです。

 

また、ココアと同じ成分のチョコレートも同じ効果があります。

 

この場合、ブラックチョコレートを食べると良いでしょう。