血圧を下げる効果的な方法

血圧低下とコーヒーの関係

 

コーヒーを飲むと高血圧になるため、リスクの高い飲み物とされてきました。

 

これはコーヒーに含まれるカフェインが原因ではないかと、伝えられてきたからです。

 

カフェインは利尿作用や覚醒作用があり、血圧を上昇させるのですが、コーヒーを飲むと高血圧にならないことが証明されました。

 

それどころが、コーヒーには脂肪を燃焼させる効果があるため、逆に体に良い飲み物として見直されてきているのです。

 

そして、コーヒーに含まれるカフェインは、高血圧とは直接関係がないことが分かり、たくさんコーヒーを飲んでいる人の方が高血圧になりにくいことも分かったのです。

 

カフェインの含まれていないコーヒーを飲んだ場合も、同じような結果となりました。

 

もちろん、コーヒーの飲み過ぎは、刺激の強い飲み物であるため、胃に負担がかかります。

 

自分の無理のない範囲で、ゆっくりリラックスしながらコーヒーを飲んでみましょう。

 

また、高血圧だけでなく心臓病や糖尿病の予防にもコーヒーは良いと言われています。

 

コーヒーは万病の飲み物と言ってもいいかもしれません。

 

ただし、コーヒーにミルクや砂糖を入れて飲む場合は別です。

 

脂肪や糖分を摂りすぎるために、他の病気を併発してしまうこともあるかもしれないため注意が必要です。

 

無理のない範囲で楽しくコーヒーを飲むことこそ、健康な体作りにつながるのです。

 

また、最近ではダイエット効果のあるとされるメタボコーヒーも発売されています。

 

ダイエットすることで血圧を下げることもできますので、試されてみてはどうでしょうか?