血圧を下げる効果的な方法

血圧低下と紅茶の関係

 

紅茶を定期的に飲むことは、高血圧を始め様々な病気の予防に効果的です。

 

紅茶には、ポリフェノールやカテキンが主に含まれており、健康を保持するのにとても良いドリンクとされています。

 

特に高血圧の人が紅茶を飲むことはおすすめで、紅茶に含まれているカテキンには、血圧上昇を抑える効果があり、高血圧や脳卒中を予防する働きがあるからです。

 

それに加えて、カテキンには、抗生物質と抗体の両方を兼ね備えています。

 

そのため、紅茶を飲むことで体が丈夫になったとの声も良く聞きます。

 

お茶でうがいをすると風邪の予防につながるといいますが、特に紅茶でうがいをすると良いでしょう。

 

また、コレステロールや中性脂肪を低下させる役割もあるため、ダイエットにも効果的です。

 

紅茶に含まれるポリフェノールの成分も抗酸化作用があり、動脈硬化やガンを予防します。

 

紅茶は元々ノンカロリーのドリンクです。

 

甘さはないので、砂糖を入れたい気持ちも分かりますが、特に高血圧の人は、そのままの状態で飲まれることをおすすめします。

 

ミルクや砂糖を入れてしまうとカロリーが増え、高血圧の予防でなくなってしまう可能性もあるからです。

 

また、紅茶には様々な種類があり、香りも楽しむことができます。

 

自分に合った紅茶を選び毎日無理なく飲むと良いでしょう。

 

健康になりながら体も心もリラックスできるのではないでしょうか。