血圧を下げる効果的な方法

血圧を下げる肉料理

 

高血圧にならないためには、食事をはじめとする規則正しい生活習慣を身につけ、普段から注意して暮らすことが大事です。

 

高血圧の人の食事というと、薄味であまりおいしくないイメージがありますが、高血圧の予防のための料理は、味に飽きないように料理の方法やバラエティーに気をつけるといいようです。

 

肉の中でも脂肪部分の少ない牛ヒレ肉や豚肉などを使うと、高血圧予防になります。

 

また、ダイエットやメタボ対策にもいい肉として、カンガルーの肉が注目されています。

 

カンガルーの肉は、臭みがなく、香辛料や調味料を変えてもなじみやすいので、料理の幅もかなり広がります。

 

また、食感もさっぱりしていて人気が上がっています。

 

カンガルーの肉の人気の秘密には、柔らかくてくせがないことと、体重やコレステロールを減少させる効果があることです。

 

コレステロールの減少は、もちろん高血圧予防につながります。

 

また、きのこ類には、グアニル酸といううま味の成分が含まれていますが、牛肉と一緒に料理すると牛肉のうま味成分であるグルタミン酸と作用して、とてもおいしくなります。

 

こうした食材の相互作用のメニューの例として「牛肉とエリンギの照り焼き」があります。

 

この料理は、がんや動脈硬化、高血圧、肝障害を予防するという効果があるので、ぜひ覚えておきたい一品です。