血圧を下げる効果的な方法

血圧を下げる中華

 

塩分の摂り過ぎは血圧を上昇させますから、高血圧の人の食事療法としては、まずは塩分制限が必須となります。

 

中華料理は一般に油や調味料類が多く使われ、味付けが濃いものが多いですから、高血圧対策の食事としてはあまり向きません。

 

しかし、野菜や豆腐が豊富に摂ることができますので、選び方や食べ方に工夫をして、食生活に取り入れればよいでしょう。

 

高血圧の人が中華料理を食べる場合、定食ならおかずは野菜や魚、豆腐がメインのメニューを選びます。

 

麺類なら、五目など野菜の具が多いものを選ぶようにしましょう。

 

あんかけのように汁に濃度があるものは、塩分が多いので避けるようにします。

 

また、つけ醤油は極力避けて、酢やラー油、からしなどで食べるのも良いのです。

 

家庭で作るなら、しゅうまいの豚ひき肉を豆腐に替えるなどしてみましょう。

 

塩分も抑えられる以外にも、カロリーもダウンして高血圧だけでなく、肥満対策にも有効です。

 

また、素材選びも重要です。

 

玉ネギなど血圧降下作用のある食材を積極的に料理に取り入れます。

 

中華食材のクコの実は血液循環を高め、血圧を安定させる作用があります。

 

松の実にはリノール酸をはじめとする、不飽和脂肪酸が多く含まれて、動脈硬化や高血圧の予防に役立ちます。

 

これらの食材を上手に利用すれば、高血圧でもおいしく中華料理を楽しむことができます。