血圧を下げる効果的な方法

血圧を下げる野菜サラダ

 

高血圧と診断されると食事の指導をされますが、そのほとんどが減塩です。

 

減塩を意識しすぎてしまうと、どうしても味気ない食事になってしまいがちです。

 

そこで、高血圧の改善に効果のある野菜を積極的に取り入れた野菜サラダを毎日の食事の習慣にすれば、おししく改善していけます。

 

野菜は季節のものを取り入れればより旨味も栄養も高いので、旬のおいしいものを食べながら高血圧を改善できます。

 

高血圧に特に効果がある野菜のひとつに、たまねぎがあります。

 

たまねぎには血中コレステロールを下げる働きがあります。

 

また、たまねぎに含まれるチオスルフィネートという成分は、血液をさらさらにしてくれます。

 

春に出てくる新たまねぎはとてもやわらかく辛味もマイルドなのでサラダ向きです。

 

生で食べる時にはよく水にさらしますが、そうすると有効成分が水に溶け出してしまうそうです。

 

そこで、新たまねぎはスライスしたら一晩そのまま寝かせておいてから食べましょう。

 

すると辛味が気にならなくなります。

 

一晩置いて出てきた汁気を使って手作りドレッシングを作れば、おいしい高血圧改善ドレッシングができます。

 

他には夏が旬のトマトやセロリも、高血圧に良いとされています。

 

また、サラダを食べる際のドレッシングも市販品ではなく手作りすることで、より血圧を下げるのに効果的なサラダができます。