血圧を下げる効果的な方法

ウォーキング

 

高血圧は心筋梗塞や狭心症などの心疾患や脳梗塞や脳出血などといった、脳血管障害や心疾患に関係の深い生活習慣病です。

 

日頃からの食事や軽いウォーキングなどの運動の管理が、非常に重要になります。

 

高血圧の治療で中心になるのは投薬治療で、他に食事の指導などもあります。

 

そして、もし心疾患などの合併症がないのなら、継続的な運動をすることも、治療に大いに役立ちます。

 

運動の中でもウォーキングですと、続けやすく身体的な負担も少ないので、高血圧の方には特に向いているのではないでしょうか。

 

急激な運動は血圧の上昇が激しいために高血圧の場合、負担が大きくなりすぎてしまいます。

 

ウォーキングですと、緩やかに血圧が上がっていく有酸素運動ですので安心です。

 

ただし、頑張り過ぎてしまうと負担が大きくなってしまいますので、適度な運動をすることが大切です。

 

ウォーキングを始める場合には、まずかかりつけの医師にきちんと相談しましょう。

 

そして、ウォーキング中の血圧に注意しつつ、運動することが大切です。

 

ウォーキングは継続することで高血圧の改善に役立ちます。

 

たくさんの距離を月に1回歩いても歩かない日には血圧は元に戻ってしまいますが、少しずつ毎日歩くことは血圧の降下を維持し続けます。

 

投薬と食事療法と適度な運動を毎日続けることで、健康な体を維持していくことができます。