血圧を下げる効果的な方法

水泳

 

高血圧の予防や治療には水泳が効果的です。

 

水泳は有酸素運動ですが、ランニングやウォーキングとは、違う利点があります。

 

水泳はもちろん水中で行う運動ですが、そのため膝や腰への負担が非常に少なくなります。

 

そのような負担が少ないため、若い時だけでなく年を取っても、無理なく続けられますし、肥満の方でも運動がしやすいです。

 

また、泳げなくてもゆっくりと歩いてみましょう。

 

足腰への負担が少ないということは、怪我の心配が少ないということにもつながります。

 

怪我の心配が少ないということは、継続することが容易であるともいえます。

 

そのような水中での運動は、陸上での運動の4倍もカロリーを消費します。

 

また、水泳を行っている時の姿勢は水平です。

 

そこに水圧が加わるので、静脈血が心臓に戻りやすくなり、心臓への負担が軽くなります。

 

これらを総合すると、高血圧の運動療法には水泳が最適です。

 

しかし、競泳のような速さを競う水泳は高血圧には逆効果ですし、体への負担も大きくなってしまいます。

 

競泳は陸上競技でいえば短距離走のようなもので、無酸素運動に属します。

 

無酸素運動で急激に負荷を与えれば、血圧は急上昇しますので、高血圧の場合には心筋梗塞などの原因になりかねません。

 

つまり、高血圧の予防や治療のためには、ゆっくりと長く泳ぎ続けるという方法で、水泳を続けることが必要ということです。