血圧を下げる効果的な方法

水中ウォーキング

 

水中ウォーキングで最高血圧の平均値が下がった、というデータがあります。

 

この記録では、水中ウォーキングは高血圧の治療に効果的のようです。

 

水中ウォーキングとは水中で行うウォーキングで、主にダイエットが目的になっています。

 

各自の体力に応じて無理のないペースで行うので、誰でも行えるというのが特徴です。

 

水中で行っているので膝や腰への負担が少なく、お年寄りや肥満の方でも行いやすいですし、怪我もしづらいです。

 

心臓への負荷も少ないため、高血圧であっても取り組みやすい運動といえます。

 

そのため長い期間続けることができます。

 

有酸素運動が効果的な高血圧の治療には、とても良いものです。

 

水中ウォーキングを始めると筋肉量が増えますので、始めのうちは体重が増加します。

 

しかし、続けていくことで基礎代謝が良好になりますので、続ければ続ける程、体重は減少していきます。

 

これは週に1回の水中ウォーキング実施で、測定されたものです。

 

血圧の降下の出たものも同じ測定での結果ですので、高血圧の治療に関しても、週1回程度の水中ウォーキングで、効果が見られるということです。

 

ランニングやウォーキングですと、毎日続けることが重要になってきます。

 

水中ウォーキングでは週1回でも効果が見られるというのは嬉しいことですし、高血圧の治療という視点から見ると、できる時にやれば効果が出るというのは、長い目で見ても継続しやすいのではないでしょうか。