血圧を下げる効果的な方法

血圧低下と黒酢の関係

 

近頃、お酢への健康効果が注目されています。

 

血液をサラサラにする効果があるなど、高血圧の人には気になる話題が多いです。

 

お酢には、ダイエット効果があるともいうのですが、実際にメタボリック症候群の対策としてもお酢が使われています。

 

また、高血圧抑制に効果があり、コレステロール値を低下させる作用もあります。

 

お酢によって、血圧を低下させる作用があるのは、お酢のメーカーと医療機関によって臨床試験でも実証ずみです。

 

そして、お酢の中でも最も効果が高いとされるのは、黒酢です。

 

酢には、アミノ酸やその他の有機酸を含みますが、特に黒酢には高い含有率があります。

 

黒酢は穀物酢の中では、原料に玄米を多く使っているため、発酵や熟成も長い時間をかけます。

 

そのために、普通の穀物酢よりも、アミノ酸やそのほかの有機酸だけでなく、ミネラルやビタミンも多く含まれるのです。

 

高血圧の予防には、これらの成分が働くのです。

 

お酢の中にはACEという物質があり血圧の上昇抑えるので、高血圧を防ぎます。

 

また血流サラサラにするという効果でも、黒酢にたくさん含まれるアミノ酸によって、一般のお酢より高い効果があります。

 

抗酸化の力でも一般のお酢より効果が高いです。

 

お酢の血圧を下げる効果は、血圧が正常な人や低血圧の人にはききません。

 

血圧を下げる効果は、高血圧の人にのみ発揮されるのです。