血圧を下げる効果的な方法

血圧低下とカリウムの関係

 

カリウムは高血圧に対して、良い効果があり、人間が必要とするミネラルのひとつです。

 

カリウムは新鮮な野菜や果物、肉類に多く含まれています。

 

特に多く含まれている食品としては、海草、ほうれん草、アーモンドなどが有名です。

 

カリウムの働きとしては、細胞機能を高めて血液のバランスを良くする、筋肉や神経の働きを助けるということが挙げられます。

 

カリウムはほとんどが細胞内に存在し、高血圧に効くというのには、次のような理由があります。

 

高血圧の原因のひとつとされる塩分の弊害を抑える働きが、カリウムにあることがわかっているのです。

 

しかし、カリウムの効果を高血圧の治療に用いることは一般的ではありません。

 

カリウムを摂取するより、塩分を減らす方が確実な食事療法の方が確実です。

 

カリウムは高血圧に効果がありますが、摂取量には注意が必要です。

 

過剰に摂取した場合、慢性腎炎や尿毒症、場合によっては心臓に負担がかかり危険な状態になる場合もあるからです。

 

反対に不足すると、筋肉の働きが鈍り、疲労が蓄積されやすくなります。

 

また、便秘の原因となることもあるので注意が必要です。

 

高血圧の人は、カリウムの摂取を心がけることが必要です。

 

なるべく食材を多く取り入れて、足りない部分でサプリメントを使用するという方法で取り入れていくのが、良いのではないでしょうか。