血圧を下げる効果的な方法

血圧低下とルチン(ルテイン)の関係

 

高血圧の予防に効果がある成分として、ルチンがあります。

 

ルチンはビタミンPの一つで、ポリフェノールの一種であり、多くの食材に含まれ、心臓病や高血圧に効果があります。

 

ルチンは蕎麦に含まれている成分です。

 

ルチンは水溶性ですので、蕎麦湯も一緒に飲むと、効果がさらに得られます。

 

蕎麦の他には、なす、ほうれん草などの野菜にも含まれています。

 

特に、蕎麦の7倍ルチンが含まれているそばもやしは、高血圧の人にはお勧めの食材です。

 

できるだけ、食品で摂取することがお勧めです。

 

それが難しい場合は、ルチンのサプリメントもありますので、利用してみると良いでしょう。

 

ルチンの主な効能として、高血圧の予防が挙げられます。

 

また、毛細血管を強くする作用がありますので、動脈硬化や脳血管障害の予防にも効果があります。

 

ビタミンCの吸収を助ける働きがルチンにはあって、ビタミンCを含む食材と一緒に摂取すれば、身体中の毛細血管の強化が期待できます。

 

また、血糖値を低下させる働きもあり、糖尿病の治療に有効です。

 

高血圧やあらゆる生活習慣病に効能をもたらします。

 

ルチンによっての副作用はなく、安全性の高いものとなっています。

 

ルチンが不足したからといって、不具合があるわけではないので、高血圧ではない人は特に気をつけて摂取する必要はありません。