血圧を下げる効果的な方法

血圧低下とラクトトリペプチド(LTP)の関係

 

ラクトトリペプチド(LTP)という乳酸菌は、高血圧の降下作用や心負担改善などの効能が期待されています。

 

ラクトトリペプチドは、3つのアミノ酸が結合している有効成分で、乳タンパク質カゼインを酸素分解することによって作られます。

 

ラクトトリペプチドは、血圧が上がらないように作用することで、高血圧を防いでくれます。

 

高血圧が改善されると、心臓の負担も軽減することができます。

 

ラクトトリペプチドは、消化管で分解されにくい性質を持っていて、血液内で働きます。

 

ラクトトリペプチドを多く含む発酵乳は、動脈硬化症を予防することができる食品として有効とされています。

 

幅広い血管、循環器の保護が期待できます。

 

高血圧の降下作用のほかには、血管内皮機能改善、血管年齢の若返りも最近では確認をされていて、血管機能にも効力があります。

 

そして、特定健康保険食品にも多く含まれており、各メーカーなどが最近では発売しています。

 

特定健康保険食品は実験データーに基づいて審査を受け、食習慣改善のきっかけとして、特に心臓病や脳卒中、高血圧といった病気を厚生労働省が認可したもので、飲料や調味料、食用油が多くあります。

 

お腹に優しく、体内を保護してくれる作用がラクトトリペプチドにはあります。