血圧を下げる効果的な方法

血圧低下とDHA(ドコサヘキサエン酸)の関係

 

DHAはドコサヘキサエン酸とも言いますが、魚の脂に多く含まれている栄養素で、鮪や鰯などがあります。

 

脂といいますと、高血圧の方は特に、良くない印象があるかもしれませんが、魚に含まれている不飽和脂肪酸は、動物性の脂とは全く違うもので、血中コレステロール値を下げる働きがあります。

 

そして、常温では固まりにくく、液体を保つ成分になりますので、血液をサラサラにして高血圧の予防やさらには動脈硬化を予防し、中性脂肪を減少させる効果があります。

 

高血圧に悩んでいる方は、DHAを多く含んだ食品を積極的に摂取することで、高血圧を解消することができるでしょう。

 

DHAについて、先に魚に多く含まれると述べましたが、中には魚が好きではない方も現代人には多くいます。

 

そのような方は、サプリメントを利用されることをお勧めします。

 

サプリメントを選ばれる際の注意点として、まずDHAとEPAが同時に摂取できるものを選ぶと良いでしょう。

 

この2種類には、よく似た栄養素で相互に助け合う作用があります。

 

そしてさらに、ビタミンEが含まれているものが良いのです。

 

ビタミンEはDHAの酸化を防ぐ効果がありますので、効果を持続させることができます。

 

また安全面では、新鮮な魚を原料としているものを選ぶようにしてください。

 

このようにして適切なサプリメントを摂ることで、高血圧の予防に効果があるのです。