血圧を下げる効果的な方法

血圧低下とEPA(エイコサペンタエン酸)の関係

 

EPAは、エイコサペンタエン酸といって、生活習慣病の予防や改善、高血圧の人にいい栄養素で、現代に役に立つものです。

 

抗血栓やコレステロール低下の作用により、このような効果が出てくるといえます。

 

エイコサペンタエン酸には、植物油、魚の脂肪などを摂取することで、蓄えることのできる成分です。

 

また、イヌイットという民族は、脂肪摂取量がエネルギー比較でも、高脂肪食であるにもかかわらず、魚やアザラシなどが食生活の中心となっているため、高血圧の人や生活習慣病が大幅に少ない民族だと調査で分かっています。

 

中性脂肪、高血圧の人、血中コレステロールが高めの人、アレルギー症状のある人はEPAを多く摂ると良いでしょう。

 

また、肉や加工食品を多く食べる人にもすすめられています。

 

つまり、魚を多く取ることで、EPAを摂ることができ、なおかつ生活習慣病や高血圧を防げるということです。

 

またEPAを多く含む魚といえば、たくさんありますが、鰻や秋刀魚、鮪、鰤などが挙げられます。

 

高血圧や糖尿病や胃炎、気管支ぜんそく、動脈硬化症から耳鳴りまで、様々な病気の対策に役立てることができます。

 

つまり、EPAをたくさん摂ることによって、血液がサラサラになることによって、病気を少なくするということです。

 

EPAが含まれている食材や食品は、いわしやあじ、さんま、マグロなど、近くのスーパー等で簡単に購入することができ、すぐに食べることができるものばかりです。

 

EPAを摂取することで、生活習慣病の予防に役立てましょう。