血圧を下げる効果的な方法

血圧低下と緑茶の関係

 

緑茶に含まれる茶カテキンとテアニンという成分の働きが、高血圧の予防や改善に効果があります。

 

血流を良くする温かい緑茶であれば、さらに高血圧に対して効果的と言えるでしょう。

 

緑茶とは、おおまかにいうと抹茶と煎茶を指します。

 

煎茶は玉露、番茶、ほうじ茶、玄米茶などに分類されます。

 

テアニンには血圧を低下させる作用や脳神経細胞を保護し、虚血による障害を軽減する働きがあることが、高血圧ラットの研究などから知られています。

 

他にも、興奮を鎮め緊張を和らげる効果があります。

 

 

緑茶に含まれるテアニンは日光に当たると、茶カテキンに変わるため栽培方法によって、それぞれの成分の比率も変わってきます。

 

日光を遮って栽培する方法の抹茶や玉露、かぶせ茶などにテアニンが多く含まれています。

 

茶カテキンには、血圧上昇を促進する酵素を抑制する働きがあります。

 

その他、血中コレステロールを調整する働きや糖質の消化を遅くする作用で、血糖値の上昇を抑える働きもあります。

 

茶カテキンは高血圧だけでなく、多くの生活習慣病対策に有効な成分といえます。

 

緑茶は高温で時間をゆっくりかけて淹れると、お茶に茶カテキンやテアニンといった有効成分がより豊富に溶け出します。

 

頻繁に飲むことで効果が上がりますので、高血圧が気になる方には習慣的な緑茶の飲用をお勧めします。